キミエホワイトプラス シミ

しみ・そばかすに効くキミエホワイトプラス!

しみ・そばかすに悩んでいる方は多いと思います。

 

なぜしみ・そばかすができてしまうのでしょうか。

 

しっかりケアしていたのに、できてしまった・・・。という方もいることと思います。

 

しみ・そばかすはなぜできてしまうのかを徹底調査!

 

キミエホワイトプラスは、本当にしみ・そばかすに効果があるのか。

 

【しみのできる原因は?】

 

しみは、後天性のものが多いそうです。

 

簡単に言うと、紫外線の蓄積や加齢はもちろん。

 

更に、ニキビ跡や炎症も原因の1つになります。

 

ケアをしていても、やはり加齢によるしみはなかなかケアしきれないところがあります。

 

ですが、紫外線やニキビ跡や炎症は防ぐことが可能です。

 

日焼け止めや日傘など紫外線をあまり浴びないようにすることは可能ですね。

 

ニキビ跡や炎症も、食生活や私生活など気を付ければできにくくなります。

 

にきびはできても潰さずに治療をすればできません。

 

【そばかすができる原因】

 

しみとは違って、そばかすは遺伝的なのもが多いようです。

 

そばかすは、紫外線を浴びることによって濃くなっていく性質があります。

 

しみとは逆に加齢していくにつれて薄くなっていくこともあるそうです。

 

そばかすもしみと同じように、紫外線によってできてしまうので紫外線対策は欠かせません。

 

特に夏場気を付けたいですね。

 

曇りの日の方が、紫外線は強いとよく言います。

 

曇りだからと言って、紫外線対策を怠ってはいけません。

 

【しみ・そばかすのできる共通点】

 

しみ・そばかすのできる共通点は、「メラニン」です。

 

お肌の奥の奥に存在する、メラノサイトというところがあります。

 

そこで紫外線を受けると「メラニン」ができます。

 

メラニンは本来では、紫外線などの刺激から肌細胞を守るためにできるものだそうです!

 

肌トラブルばどを防ぐには、メラニンは必要なものなのです。

 

ターンオーバーの乱れのない方は、ターンオーバーにて排出されしみになりません。

 

ですが、乱れがあるとターンオーバーがしっかりできずにしみになってしまいます。

 

そしてどんどんそばかすが濃くなってしまいます。

 

【しみ・そばかすにキミエホワイトが効く理由は?】

 

しみ・そばかすに悩んでいる方の強い味方、キミエホワイトプラス!

 

本当に効くのか。と疑問に思う方いますよね。

 

キミエホワイトプラスに配合されている、「L-システイン」という成分がしみ。そばかすに効果的なのです。

 

「L-システイン」は、皮膚代謝を促進しメラニン色素の排出を促す働きがあります。

 

皮膚代謝を促進する働きのおかげで、紫外線でできてしまったメラニンが排出されます。

 

だいたい効果が見られる期間は、42日プラス自身の年齢だといわれているようです。

 

少なくとも2ヶ月程度の服用が必要のようです。

 

3ヶ月服用したのに効果が見られない場合は、医師に相談したり登録販売者にご相談をすることが進められています。

 

キミエホワイトプラスは、しみ・そばかすを緩和するということに注目しています。

 

しみ・そばかすが薄くなったやできにくくなったなど効果の出ている方も多数います。

 

【まとめ】

 

キミエホワイトプラスがしみ・そばかすに本当に効くのかは、試してみるのが一番ですね。

 

効果のでる期間は、個人差の出るのもです。

 

すぐ出る方もいればすぐに効果の出ない方もいます。

 

消えるとは思わず、薄くなるやできにくくなると思っていた方がよいかもしれませんね♪

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら

関連ページ

気になるクチコミを徹底検証!【世間のリアルな感想】
キミエホワイトプラスのクチコミは良い?気になるキミエホワイトプラスのクチコミ大調査!
キミエホワイトプラスは副作用あるの?【妊娠中でも問題なし?】
キミエホワイトプラスは副作用が出る人もいる?妊娠中でも大丈夫?キミエホワイトプラスの気になる副作用と妊娠中の服用について調べてみた!